永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛は副作用があると思われていますが、日本医学脱毛協会は安全性の高い脱毛法だと認めています。
紫外線を浴びすぎると皮膚ガンのリスクが高まると言われていますが、レーザー脱毛で使用するのは赤外線なのです。
紫外線とは別物であり、まったく心配する必要はありません。
皮膚の病気になる心配はないので、安心して施術を受けてください。
ただし、ノーダメージではないので施術後に適切な手入れをすることが大切です。
敏感肌の状態で処理を受けると肌トラブルが起きる可能性があるので、ここはよく医師と相談する必要があるでしょう。

永久脱毛による副作用

美容皮膚科クリニックなどの医療機関でしか受けることが出来ない永久脱毛は、短期間で広範囲のお手入れを行える手軽さもあり幅広い世代の女性に支持されています。ただ医療レーザーを利用した永久脱毛は照射威力が高いので、肌質によっては施術中に強い痛みを感じてしまったり、施術後に一時的な赤みや炎症を起こしてしまう副作用が出てしまう恐れがあります。肌のコンディションが良い時であればあまり肌トラブルは起こりにくいのですが、生理前など肌荒れがしやすい時期にケアを受けてしまうと、デリケートゾーンに火傷をしてしまったり、毛膿炎やニキビの原因になる恐れがありますので、施術を受ける際には医師に肌のチェックをしっかり行って貰う事が大切です。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛の副作用として、口コミでは、ワキ汗やワキガというキーワードを見かけることもありますが、実際にはそのような心配は無用です。そのような副作用は考えにくく、勘違いである場合が多いです。脱毛をすると、毛がなくなった分、汗がダイレクトに服についてしまうので、量が増えているような気がすることも多いのです。また、臭いに関しては、毛の悩みがなくなった分、他の悩みが出てきている可能性もあり、心配することではないのです。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

永久脱毛は医療機関でしか受けることができない施術のため、安全性が高いと言われています。しかしながら、施術者が経験不足であったり、技術力が乏しいなどの問題があると、肌トラブルを招きます。また、敏感肌やアトピー肌は普通肌と比べてレーザーに敏感に反応するため、慎重にならなければいけません。永久脱毛の施術後に起こる肌トラブルには、赤みや火傷、色素沈着などがあります。施術の際、高熱が毛根に伝わるため、肌がほてったような状態になります。そのため、施術後はしっかりと冷やすことが重要ですが、角層が薄い肌では赤くなって水ぶくれになるなどの症状を引き起こす場合があります。また、施術後は水分量が減るため、乾燥しやすくなります。ですので、保湿ケアを自宅でもしっかりと行うことが大切です。以上のように、永久脱毛にもリスクは付いているため、カウンセリングやアフターケアがしっかりとしている医療機関を選ぶようにしましょう。

永久脱毛 千葉 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です